GC-Sってなんぞや!?

GC-Sはゲノム科学総合研究センターと言う意味ですが、この研究センターは全国に代理店が存在しており、様々な建造物を設計・販売しています。

プロ野球の試合を行っているナゴヤドームの製造にも深く関わっており、他にもたくさんの球場に関わってきました。GC-Sはこのように多くの人が満足が行く施設の製造をしています。建造物と言っても全てを担当しているのではなく、屋根のみを担当してきました。ですが、屋根のみを担当しているために、屋根に関してはプロフェッショナルの集団と言えるでしょう。

野球球場でよく使われているシステムに開閉式屋根の開発にも携わっており、現代日本には欠かすことが、出来ない企業へと成長しました。そのため、多くの施設にはGC-Sのロゴが宣伝として記載されています。このような画期的なシステムを提供するのみではなく、屋根の強度なども含め、安全性を第一に考えて設計している企業です。ゲノム科学総合研究センターはお客様に信頼され喜ばれる製品つくりをスローガンに掲げていますが、このスローガン通りに多くの人に喜ばれています。

全てのお客様のニーズに応えるために日々研究をしている組織です。ゲノム科学総合研究センターで採用されている従業員は、全てが厳しい審査をパスし、正式採用後にも様々な研修を受けているので、安心でしょう。そのため、電気工学の大学や専門学校を卒業していることを必須条件にしていますが、従業員の中には、大学や専門学校を卒業していない従業員も在籍していますが、その場合には会社独自の研修で大学や専門学校を卒業した人と同等の知識を習得しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *