アルファラバルは熱交換器を提供します

アルファラバルはさまざまな製品を提供していて、次世代プレート式熱交換器においてクライアントの効率性や安定性を高めています。例えばアルファラバルのM10の場合、長い間広い産業用途から使用されている、ガスケット式プレート熱交換器です。幅広い用途において利用することができ、高い熱性能を提供していてエネルギー効率や持続可能性の世界基準を目指していました。基準を設定することだけでは十分ではないので、アルファラバルはT10を生み出し、これまでなかった高い技術を取り入れています。

画期的なプレートコンセプトによって設計されていて、熱効率や圧力損失の間において妥協を許さない製品です。設計を改良したことによって不均一な流れないよう設計し、プロセスの特定の位置に対して熱交換器性能を最適化することができます。結果的に効率が最大30%改善され、汚れの付着が低減されていき優れた費用対効果を実現することが可能です。T10は持続可能な省エネ設計になっていて、どのような目的でも環境目標を達成するのにいろいろな可能性を生み出します。

新しいプレート構想によって設置面積が小さくなっていくので、メンテナンスの必要が少なくなり総コストが削減される仕組みです。これまでとは違うまったく新しい設計になっていて、T10プレートのコンセプトは特許取得済みの強化された熱効率について、整備がしやすく優れたユニットと組み合わせることです。アルファラバルならではの技術がいかされている製品です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *