アルファラバルはメンテナンスのしやすさで有名です

アルファラバルは、北欧スウェーデンを発祥にするプレート式熱交換器を製造する会社です。遠心分離装置や蒸気タービンを初めて世にだした技術力に優れた会社で、コアな業務として熱交換器・熱分離器、流体移送の3分野で世界中に知られたメーカーになります。新しい製品を生み出すための研究開発につとめており、開発競争に負けないように年間総売り上げの2.7%を研究開発費に充てている技術を重視している会社です。アルファラバルは世界に50か所の国に販売拠点を置いており、およそ100か所において製品を販売しています。

世界中に47か所の工場と70か所のサービス拠点を置いており世界中の従業員数は1万7千人余に及んでいるのです。日本では、アルファラバルのプレート式熱交換器で知られており、多くの工場やインフラ設備などで利用されています。アルファラバルの熱交換器の強みは小型で分解がしやすく、プレートのメンテナンスがしやすいことです。技術力に自信をもっているこの会社は、自社のメンテナンスを完璧にすることでも有名です。

熱交換器は、本来のエネルギーを引き出して使用するためには、汚れや錆が発生しないようにすることが重要です。メンテナンスを怠ると流体の漏れを引き起こすことで能力不足をまねくこともあります。世界企業であるアルファラバルは、常に自社製品が最高の状態で活動し続けることができるように、分解がしやすい構造になっておりサービス部門が充実していることでも評判な会社です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *