熱交換器の活用について

熱交換器とは、温度の高い流体から低い流体へ熱を移動させることで効率的に熱を利用していきます。加熱や冷却に用いられています。一般の家庭用では、エアコン・冷蔵庫・自動車のラジエーターが代表的なものです。営業用でもボイラーや食品・化学製造における冷却用などに広く使われています。

従来熱交換機は、多くの分野で活用されていましたが課題もありました。大きくてかさばる熱を通すので歪みが発生したりしました。高効率化・小型化・高耐久性の機能を持つ熱交換器が求められていました。最近の技術の進歩によって、管形式の熱交換器が開発されました。

高効率で省エネルギー・耐久性の高いものが続々出てくるようになりました。優れた熱交換器を導入することでエアコンなどの室外機で放出されていた熱エネルギーを集めて冷水槽・温水槽に貯めておき冷水・温水として再利用することもできるようになりました。しかも小型化が実現していますからスペースをとることもありません。熱そのものの再利用が未来へのエネルギー政策を変化させることになります。

循環させ再利用することで、廃棄していた熱エネルギーが再利用できます。ボイラーで発生した熱から電気を取り出すことも可能になります。その際に重要な働きをするのが熱交換器になります。今後温暖化の問題でCO2削減の動きが加速していきます。

空気中に放出される熱が世界的に問題になっています。この技術の活用が望まれる環境が拡がってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *