いろいろな場面で活躍する熱交換器

ごく一般的な日常的生活を過ごす上で、熱交換器という存在はさまざまな場面で役立ってくれています。もっともさほど耳慣れない言葉であるため、どのようなものなのかイメージしにくいですが、身近なところで熱交換器はいろいろ活躍しており、現代社会の生活にはまさに欠かせない存在でもあります。たとえば分かりやすいものとしては、家庭や企業などで普通に使用されているクーラーや冷蔵庫といったものがありますし、自動車のラジエーターなども同様です。これらの例からも分かるように、基本的には温度が高いものから低いものへと熱を伝導させるシステムの機器であり、効率性を考慮して、全体的に液体を使用するケースが多い傾向にありますが、おもな熱交換器のタイプとしては、液体と液体の熱交換器として有名な多管式や、同じく液体と液体もしくは気体と液体のプレート式などがあり、他にも気体と液体のファインチューブ型やコイル式、渦巻き式などさまざまなタイプが存在しています。

そしてこれらの熱交換器の用途としては、温度に敏感な半導体を使用し、かつ空気をクリーンにして埃なども排除する必要がある電子部品などにも使用されていますし、液晶パネルの製造に使用するので、テレビなどにも使われています。他にも食品加工や自動車関連にもよく使用されていますし、排水やガスの排熱などを温水や冷却水として再利用するために使用されることで、省エネや環境目的としても活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *