デスケーラーなら簡単で安心

熱交換器の冷却に使われている循環機構には、使用するたびに水に含まれるカルシウム成分が堆積したスケールと呼ばれるものが液体の流れを妨げます。ある程度堆積すると正常な流れができなくなり熱交換器の性能を著しく落とすことになります。そのため溜まったスケールを除去する必要があります。循環機構の細かなところにこびりついたスケールはなかなか取り除くことができません。

それを簡単に行うことができるのがデスケーラーです。デスケーラーは液体の洗剤で循環機構の中に流すことでスケールを分解して取り除きます。循環機構を分解することなく除去することができるのでとっても簡単です。同じようにスケールを除去するために使われる塩素系の洗浄剤では金属の腐食が激しいため保護するためのフッ素などのコーティングが必要になります。

フッ素は劇物に指定されているため扱いが大変です。また処理後の中和作業も2段階で行う必要があり、コストも時間もかかります。デスケーラーはアルカリ性の溶剤なため循環機構に影響を与えずにスケールを分解することができます。処理した後も中和剤を混ぜるだけで一般の排水で扱える程度まで調整することができます。

きんぞkの腐食の心配がほとんどないため処理後の作業が大幅に少なくなります。熱交換器が使えなくなる時間を短くできるので無駄を最小限に抑えることができます。また環境にも影響を与えない洗浄剤なので安心して使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *