熱交換器?スケールの優れた洗浄方法とは

熱交換器は工場や複合ビルなどで給湯や空調などでも活用されている存在ですが、熱交換器?スケールを行うことは設備の燃費の向上や生産性の向上にまで貢献します。スケールとは水垢とも呼ばれており、水の中に含まれているカルシウム、マグネシウムなどの鉱物のことですが、お茶で飲むポットなどにも付着してよく見られる堆積物です。熱交換器?スケールでは、空気中に含まれている埃と共にこうしたスケールが付着するケースも多く、それが付着すると熱効率を悪くします。そのスケールを洗浄する上で一般的な方法として採用されることが多いのは、化学洗浄による方法でスケールや埃などを溶かすことができる薬剤を用いての高圧洗浄や手作業による方法の洗浄です。

熱交換器?スケールを行う上で一番、重要となるポイントには、熱交換器に付着している汚れの種類と熱交換器の素材を把握することとなります。汚れの種類もスケールがほとんどですが、場合によっては油汚れが付着することもあります。大抵は銅管とアルミフィンで構成されているため、洗浄が強いとそういった銅管まで溶かしてしまう恐れもあるため、そういった素材でも活用できる洗浄剤を利用します。洗浄剤も様々なタイプが存在し、その扱い方は種類ごとに違うため、種類ごとに扱い方も違ってきます。

環境汚染に繋がる洗浄剤を使用した場合には、それを回収する方法を検討することが必要です。洗浄の方法としては、初めに汚れを洗浄剤によって溶かして、後から高圧洗浄で水で汚れを吹き飛ばす流れとなり、複雑な部分などでは手作業で念入りに行い、しっかりと目視で確認しながら作業を行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *