様々な汚れを落とすことができるアルカリ洗浄液

アルカリ洗浄液は家庭だけでなく工場などの油汚れも落とすことができます。一般的な洗浄液との違いは通常使われているものは界面活性剤という種類のもので、汚れを包み込んで落とします。アルカリ洗浄液の場合は、汚れを溶かすことにより除去していくという違いがあるのです。アルカリ洗浄液の特徴の一つが、たんぱく質に強いということです。

たんぱく質の汚れは例えば洋服についていてしまった垢や食べ物のなどです。特殊なところでは血液がついてしまったケースでも有効で、アルカリ成分が繊維についているたんぱく質を分解してくれるので洗濯をすればきれいに汚れを落とすことができます。次に皮脂や油汚れにも強いという特徴があります。アルカリ洗浄液に使われているアルカリは、脂肪酸と化学反応を起こすと新たな石鹸に変化します。

つまり油や皮脂の汚れ自体が石鹸へと変化することできれいに汚れを落とすことができるようになるのです。このように通常の洗剤では落としにくいものもアルカリ洗浄液を利用するときれいにすることが可能です。一般的な家庭での選択にも使えますが、例えば血液などが付きやすい病院での洗濯物や油汚れがひどい工場などでもりようすることができます。特に工場などの金属に着いた油汚れの掃除にも有効です。

ただし、金属の中でもアルミに使ってしまうと白い粉が付いたようになってしまいます。使い続けると腐食の原因にもなるので気を付ける必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *