アルカリ洗浄液はどの様な汚れに強いのか

洗濯や掃除で使われる洗剤には種類があり、その種類によって落ちる汚れや使用を控えないといけない素材があります。洗浄液なら何でもよいわけではなく、その場や目的に応じた種類を使用する事がトラブル回避に繋がります。複数ある種類の中の1つであるアルカリ性の洗浄液は、どの様なものであり対応できる使用場面はどの様なものか知っておくと、掃除や洗濯の効率は増すでしょう。アルカリ洗浄液は酸性の汚れに対して強く、その酸性の汚れと言うのは油が代表的です。

家やオフィスにあるキッチンの焦げ付きや油汚れの掃除に最適であり、酸性の成分を溶かして落とすので食器洗いにも使えます。当然人間の皮脂は酸性なので、シャツの襟によくある皮脂汚れにもアルカリ洗浄液が効果的です。このアルカリ洗浄液には強さがあり、液体の性質をPHと表記されるペーハーで数値化されています。弱アルカリ性がPH8~11以下で、それ以上だと性質が強まり洗浄力が増す事を指します。

アルカリ性は油や皮脂汚れに強く、分解するので使用する際にも注意が必要になります。特に強い性質のアルカリ性では手肌への影響も強いので、肌荒れを引き起こす要因にもなります。使用する際には手袋を着用したりと予防する事も知っておく必要がある性質です。市販品には種類も多くあり、強めのアルカリ性である商品も多いです。

小さな子供がいる家庭や敏感肌の方の場合、重曹を活用する事も1つの案です。重曹自体は粉で触っても問題ありませんが、水と混ぜるとPH8程のアルカリ性を持ちます。弱アルカリ性なので、肌に不安がある方には最適と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *