工場などで使用するマルチサイクロン

マルチサイクロンは強い気流で粒子を分離することができる、遠心力式の集塵機です。この機器に含まれている粉塵ガスはガイドベーンというものを通る際に加速されて、その後サイクロン内で強い下降旋回流になります。マルチサイクロンのダストについては、強力な遠心力を受け外筒に到達して旋回流と一緒に下降し、その後コニカル下部に付いている開口部分からホッパーに達し排出されます。反転した旋回流はサイクロンの中心を旋回上昇し、オリフィスという排気筒を通ってキレイなガスとして排出されます。

マルチサイクロンは化学製品や食品の工場、金属粉や木粉、レジンなどを扱う作業場、そして排気を行う焼却炉やボイラーなどで重宝されるでしょう。乾燥機の排気をこの機器で行うこともできます。私達が快適に生活するために化学製品は不可欠です。だからこそ化学製品から出る粉塵ガスの処理について考えなければいけません。

食品も生きていく上で絶対必要なものです。近くの食品工場がマルチサイクロンを導入していれば、その有害な粉塵ガスの影響を受けずに済みます。近くに金属を加工する工場があるという場合、その粉塵ガスは特に気になるかもしれません。木工工場また排水処理場や汚泥処理場などが近くにある場合もそうです。

マルチサイクロンにオプションで附属機器を取り付けるといいかもしれません。有害なものが堆積しやすい粉体には、専用のクリーニング装置を付けることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *