プラズマクリーナーはドライ洗浄によって精密機器に付着した細かな汚れを取り除く装置です。半導体や電子機器などを製造する過程では有機物や無機物による細かな汚れが発生し、品質を低下させてしまいます。高品質な製品を製造し故障などのトラブルを防ぐには、ドライ洗浄やウェット洗浄によって細かな汚れを取り除かなければなりません。ドライ洗浄はウェット洗浄と比べてコストが安く効率的というメリットがあります。

企業が円滑な事業運営を行うには、品質の向上だけでなく生産性についても考慮することが大切です。プラズマクリーナーは精密機器の品質だけでなく生産性も大幅に向上させるため、多くの企業に採用されています。ウェット洗浄は比較的簡単な方法ですが、高価な超純水を使用するためコストがかかります。最後に薬液をリンスで洗い流して乾燥させなければならないため、時間もかかってしまいます。

精密機器は完成までに何度も洗浄作業を繰り返すので、ウェット洗浄だと納期が遅くなるというデメリットが存在します。プラズマクリーナーはドライ洗浄を行うので、高品質な製品を素早く製造して顧客に納品できます。優れた製品を素早く安定的に供給できるほど顧客満足度が高まり、売上の増加につながります。この装置には主にアルゴンガスを使うタイプと酸素ガスを使うタイプの2種類が存在します。

前者は有機物と無機物を処理できますが、後者が処理できるのは有機物のみです。状況に応じて最適なタイプのプラズマクリーナーを使えば、コストを抑えつつ高品質な製品を効率的に製造して短い納期で納品できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です