精密機器を製造する企業は、製品の品質だけでなく生産性の向上についても考慮しなければなりません。品質を向上させることができても、コストや時間がかかり過ぎていると顧客の信頼を得るのは困難です。顧客の信頼を得て安定した事業運営を行うためには製品の低価格化や高品質化、生産性の向上による納期の短縮化を図る必要があります。これらを可能にするため多くの工場で採用されているのが、ドライ洗浄を行うプラズマクリーナーです。

精密機器は製造過程において有機物や無機物による細かな汚れが発生するので、何らかの方法で除去しなければなりません。細かな汚れを放置すると製品の品質が低下してしまいます。精密機器に付着した細かな汚れを取り除く方法は、大きくウェット洗浄とドライ洗浄の2種類に分類できます。ウェット洗浄はアンモニアや塩酸などの薬液に対象物を浸したり、スプレー状にして吹きかけたりして汚れを除去します。

この方法は比較的簡単ですが、高価な超純水を使用するだけでなく最後に薬液を洗い流して乾燥させなければなりません。時間や資金に余裕があり、簡単な方法で汚れを除去したい場合にはウェット洗浄を選ぶとよいでしょう。しかし製品の品質と生産性の両方を向上させたいのであれば、プラズマクリーナーの方が適しています。プラズマクリーナーには主にアルゴンガスを使うタイプと酸素ガスを使うタイプがあります。

前者は加速したイオンを有機物や無機物に衝突させて弾き飛ばし、後者は原子が有機物を化学反応で二酸化炭素と水分子に変えます。高価な薬液などを使わないドライ洗浄なので製品の低価格化や高性能化、生産性の向上による納期の短縮化に貢献します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です