プラズマクリーナーは、クリーニングされる対象物にプラズマ(物質にエネルギーを与え続けて、最終的に分子が陽イオンと電子に分離した状態のもの)を吹きかけて化学反応により物質を除去する機械です。主に、半導体や金属加工品、電子部品などを作る会社で用いられています。さらに被処理物に対して、低温で物質除去が可能です。その反面、プラズマクリーナーはオゾンによる排出設備が必要というデメリットもあります。

環境への影響も懸念事項です。プラズマクリーナーの設備費用はもちろん会社によって異なりますが、おおよそ10~50万円と決して安くはありません。その分、加工品への害を減らせるメリットがあります。導入を検討する際は、企業に直接値段や設備のシステムなどについて電話またはホームページなどから問い合わせをしてみることが必要です。

プラズマクリーナーを導入している企業の中で、人気のあるメーカーはパナソニック製品です。パナソニックは、大気圧によって洗浄できる機械も開発しています。それと、サムコです。こちらはシンプルな設計のプラズマクリーナーを開発しました。

モード切替スイッチもついていて、用途によって使い変えができます。私たちが普段使っている電化製品の部品、眼鏡などのアクセサリーの安全のためにこのクリーナーは使用されています。製造業の皆様の、努力と技術の賜物でしょう。いつも、安全な製品を世に送る使命を果たす製品業者様には、改めて感謝の意を示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です