プラズマクリーナーは反応性が高く、光を反射する性質を持っています。そのため金属加工や樹脂加工に用いられており、洗浄や表面処理に使用されるのです。プラズマクリーナーは殺菌や消毒はもちろん、コーティングにも使うことが出来ます。プラズマクリーナーがこれほど重宝されることには、もちろん理由があるのです。

プラズマは固体・液体・気体の物質の形状に次ぐ、第4の状態と言われています。そのため大変不安定で、すぐに他の物質と反応する性質を備えているのです。プラズマの不安定な状態を利用することで、油やホコリなどに反応させて汚れを落とすことがクリーナーとして利用出来るポイントとなっています。プラズマそのものは中性であるため、環境にも優しいところもメリットです。

プラズマクリーナーはすでに金属加工や溶剤洗浄、樹脂製品の離型剤として使用されています。汚れはほとんどの場合、静電気で付着しているものです。プラズマをここに照射すれば、物質と反応し大量の活性酸素を生成することになります。汚れは二酸化炭素と水に変化するだけなので、有害物質が出ることもありません。

プラズマクリーナーは半導体などの細かい部品の処理加工や洗浄にも利用することが出来ます。反応性が抜群に高いため、モバイル機器で利用することで塗装面やコーティングの不良率を下げることが可能です。クリーナーとして優れた性能を発揮するプラズマは、表面加工の分野でも現在注目されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です