基板洗浄に使用されることの多いプラズマクリーナーですが、その選び方を誤ると様々なトラブルを誘発する恐れがあり、非常に利用しにくいものとなるため注意をしなければなりません。選び方のポイントは、正確な電圧調整をすることができるものを選ぶことです。基板洗浄を確実に行うためには、基板の表面のチリやホコリなどを確実に取り除くとともに、適度な傷を付けることが大切です。この傷が付くことによって表面積が増加し、部品を接着する際に安定性が高くなります。

しかしそのためには適正な電圧でプラズマを発生させることが必要であり、電圧が低いと十分に傷を付けることができずに部品の接着不良の原因となるほか、チリやホコリを除去できないため動作不良と原因となります。電圧が高すぎると傷が付くだけでなく基板を破壊してしまう恐れがあるため、この点も十分に注意しなければなりません。内部の配線を破壊してしまう恐れもあるので、この場合には電気的接続ができずに不良となってしまうことになります。プラズマクリーナーはあくまでもプラズマを原理にしているため、その電圧によって様々な効果をもたらします。

適正な電圧に設定することができるものを選ぶことが重要であり、この点を重視して選ぶことが大切です。最近では適切な電圧でロックをすることができるプラズマクリーナーも登場しているため、これを選ぶことで現場での電圧調整がスムーズになり、作業の効率化につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です