野球やサッカーをなされているお子さんがご家庭にいる場合、毎日たくさんの洗濯物を洗われることでしょう。しかも泥などが付着していると、たくさんの水と洗剤が必要です。環境省が調査をしたところ、一般家庭では年間で約100トンもの水を使用して洗濯をされていることがわかりました。そして使用する洗剤も約40キログラムとなっており、家族が多いほどその分量も比例して多くなります。

2010年に開催されたG7の議題は、海洋汚染の阻止というものが組み込まれていました。この汚染の原因となっているのが、家庭から出る排水です。先述したように大量の洗剤をそのまま川から海へと流すことで、赤潮の発生を促しているわけです。この問題を打開するために、大手家電メーカーから画期的な家電が開発・販売をなされました。

それはプラズマクリーナーというもので、キャッチコピーは洗剤不要というものです。簡単にこのプラズマクリーナーの特色を見ていくことにしましょう。プラズマクリーナーはプラスの電極を帯びた陽電子を水の中で放出する能力を持っており、その力でしつこい汚れをきれいにすることが可能です。陽電子は油汚れと結びつくことで分離作用を発揮するので、白いシャツも元通りにすることができます。

プラズマは電気なので海洋汚染の原因となる有機物を生み出す心配もなく、綺麗な水のまま下水へと流して処理でいるものです。プラズマクリーナーは環境に優しい能力を持ち、今後は広く普及していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です