プラズマクリーナーは近年では基板洗浄に広く利用されており、非常に大きな効果をものとなっています。古くは基板洗浄は手作業で行われており、専用の洗浄液を使用してワイヤーブラシなどで表面をこすって傷つけるといった方法が主流でした。この工程を瞬時にして実現できるプラズマクリーナーは、その作業効率を格段に高めるものとなっているのが特徴です。プラズマクリーナーはプラズマの原理を応用したものであり、プラズマと言うと雷を想像する人も少なくありません。

雷は通常の状態では電気を通さない空気中などを高電圧で通過することによって発生するものであるため、この原理を利用して基板の表面の様々な汚れを除去するとともに、その効果によって基板の表面を均等に傷つけてしまうといった作用があります。基板の表面を傷つける事はデメリットになるのではないかと考える人も多いのですが、手作業の場合にもあえてワイヤーブラシでこすることによって表面を傷つけ、部品を接着する際の効果を高めていました。接着する際には表面積が多いほどその接着力が強まることから、これらの効果を瞬間的に実現することができるプラズマクリーナーは、基板洗浄に適したものとなっています。ただし、プラズマクリーナーはあくまでもプラズマ発生器であるため、その電圧調整には繊細な注意が必要です。

電圧が高すぎると表面を傷つけるだけでなく、基板自身を破壊してしまうことになるため、十分に注意をすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です